アメリカの認定スクラムマスターの数は日本の50倍以上!!!

現在、日本企業でも急速に「スクラム」の導入が進んでいますが、すでにアメリカをはじめとした多くの海外企業では、一般的に活用されています。最も認定スクラムマスターが多いアメリカは33万人以上が資格を持っており、それは日本の50倍以上の数です。(図1)

アメリカのトップクラスの企業では、組織全体でスクラムが取り入れられ、多くのスクラムマスターが活躍しています。スクラムを活用することは柔軟性を高めるため、マーケットのニーズに迅速に対応し、組織のイノベーションの加速を可能にしています。

各国の認定スクラムマスター資格所有者数

(図1)Scrum Alliance提供データ2020年現在

認定スクラムトレーナーであるJoe Justice(ジョー ジャスティス)は、世界20か国以上でスクラムのトレーニングを行っており、日本でも大手企業各社にて導入指導経験を豊富に持っています。

画像2

彼のトレーニング方法は、チームでスクラムを実践することで、体験を通して学びます。またスクラムは仕事のスピードを加速させ、品質改善を可能にしますが、彼はさらに「ハッピーなチームは、より仕事を加速させる」と話します。スクラムを正しく理解することは重要ですが、ビジネスを成功させるためにスクラムを活用するという視点で、彼はスクラムのトレーニングを行っております。

アジャイルビジネスインスティテュートでは、認定スクラムマスター資格取得のためのセミナーを提供しております。