認定スクラムマスターの資格取得って難しいの?

認定スクラムマスターの資格取得について、ご紹介します。

まず認定資格を取得するためには、認定スクラムトレーナーの研修を受け、その後テストに合格することで、めでたく資格取得となります。
テストと聞くと、少し難しく思うかもしれませんが、それほど難しいものではありません。

認定スクラムマスターのテスト受講概要

認定スクラムトレーナーの研修を受けた後、認定スクラムマスターの資格を提供しているScrum Alliance(スクラムアライアンス)から、Welcomeメールが届きます。

画像1

そこからは、メールの内容に従いマイページの設定を完了すれば、テストの準備が完了です。

Welcomeメールから90日以内が、テストの推奨受験期間です。この期間には、自由に実施が可能なので、ご自分のタイミングで受験ができます。テストはオンラインで受験でき、言語は自由に選択可能です。もちろん日本語の選択も可能です。テストは50問の選択式問題となっており、37問以上正解で合格です。時間制限は60分です。
このテストの受験費は、基本的に各認定スクラムトレーナーの研修費に含まれています。
Welcomeメールから90日経過した場合や、3回目以降のテスト受験は、1回の受験につき $25が必要になります。

テストが2回無料で受験できるのは、とても安心ですね!

合格のための勉強ポイント

テスト受験前には、スクラムガイドアジャイルソフトウェア開発宣言アジャイル宣言の背後にある原則を、きちんと理解することをおすすめします。

スクラム用語と、その概念が理解できれば、テストは簡単です。

日本語でテスト受験する場合に注意したいのは、資料やテストによってワードの表記が若干異なることです。カタカナワードを使っているのか、日本語訳を使っているのかです。例えば、スプリントプランニングなのか、スプリント計画なのか。このような問題が、いくつかのワードでありますが、意味を理解できていれば問題ありません。
下記イラストは、スクラムの基本要素「3-5-3」を英語と日本語で、まとめたものです。スクラム用語を覚えるためにご活用ください。

画像2