アジャイルは、ソフトウェア開発のより良い方法として考案されました。2001年に誕生し、それから多くの企業に大きな影響を与えました。今ではソフトウェア業界だけに留まらず、多くの業界でアジャイルが活用されています。

アジャイルハードウェア開発は、ビジネスの成長、製品イノベーション、変化への対応スピードを向上させます。

例えば、従来の自動車企業では、マイナーチェンジに2年半かかり、メジャーチェンジに5年〜7年かかっています。アジャイルな自動車企業では、ヘッドライトや、テールライト、充電口は、2日で変更されます。このような変更は、週に20回以上行われ、それらは全て自動車へ搭載されます。

なぜこのようなことができるのでしょうか?

アジャイルハードウェア開発は、承認や、予算、変更への対応など、企業の設計や製造スピードに対してボトルネックとなる時間を短縮します。

ジョー・ジャスティスは、ソフトウェア業界を超えて、アジャイルの未来を切り拓く一人として、多くの業界でアジャイル変革を主導しています。

ジョーが立ち上げた自動車企業Wikispeedでは、毎週新しいモデルを発表し、1日に複数の変更を加えるなど、ハードウェア業界での俊敏性を実現させてきました。

そして、道路交通法を最速記録で満たし、安全性5つ星を達成した最軽量車、当時販売されていたガソリン車の中で最も燃費が良く、最も安価なカーボンファイバー及びアルミニウムで製造、といった多くの世界記録を打ち立てました。

ジョーは、次のように話します。『多くのビジネスパーソンは、ソフトウェアが非常に多くのイノベーションを起こしたので、「ソフトウェアは世界を飲み込む」と言います。しかし、世界を飲み込んでいるのはソフトウェアではありません。ソフトウェア企業は、アジャイルになり、高速リリースを達成した最初の企業のほんの一部にすぎません。世界を飲み込んでいるのはアジャイルです。』

私たちは、ハードウェア業界でのアジャイル促進に向けて、新たな認定資格を作りました。
それが「アジャイル ハードウェア ディベロップメント」です。

このクラスは、ハードウェア業界に特化したアジャイルクラスです。

Teslaや、SpaceX、ジョー自ら立ち上げた自動車企業WikiSpeedなどの事例も紹介しながら、実践に役立つクラスになっています。ハードウェア業界に従事する方は、こちらのクラス受講をご検討ください。

※取得できる資格は「アジャイル ハードウェア ディベロップメント」です。

弊社、アジャイル ビジネス インスティテュート株式会社が提供いたします。

Scrum Is A Game!
[日本語] TEDxRainier Joe Justice WikiSpeed Japanese

Joe JusticeのTED公演をご覧いただければWikispeed社でのハードウエアにおけるアジャイルの有効性をご理解いただけるはずです。アジャイル業界でハードウェアに強みを持つコーチは世界で見ても稀で日本で教えているコーチもほとんどおりません。

机上の空論ではなく実践ベースで体現してきた者にしか語れない
『本物の開発現場』を皆様にお伝えします。

アジャイルハードウエアディベロップメントクラスでは自社の開発成功体験だけでなく多くの有名企業を外部から支えてきた経験、つまり内部、外部両面から皆様にその神髄をお見せいたします。

認定スクラムトレーナー
Joe Justice (ジョー ジャスティス)

ジョージャスティスは大手グローバル企業や、教育機関でスクラムを指導し、世界20カ国以上で活動しています。
日本では、トヨタ自動車、楽天グループ、東芝グループ、NTTグループ、メルカリなどの各社もトレーニングに参加しています。
アジャイルハードウェアディベロップメントのクラスの中で、私が培ったスクラムの実践に向けた指導をさせていただきます。

\ アジャイル ハードウェア ディベロップメント /

  • マルチチームと大規模プロジェクトの調整
  • ビジネスリスクを軽減し、柔軟性を高める方法
  • ハードウェア開発で使用できるアジャイルエンジニアリング手法
  • 設計、テスト、製造プロセスの変更コストを削減する方法
  • ハードウェア製品の市場投入までの期間を改善する方法

  • Zoomを活用したオンラインクラスです。

    ブレイクアウトルームでチームを作り、受講生のみなさまにもご参加いただき、ワークショップ形式を含めて講義を進めていきます。

    Miroで作成したバーチャルボードを活用しながら、チームでスクラムを実践することで、体験を通して学びます。

  • AHD資格取得

    本セミナーには、資格取得に必要なカリキュラムがすべて含まれています。

    2日間のトレーニングの後、参加者全員が
    アジャイルビジネスインスティテュート株式会社による「Agile Hardware Development」の認定を受けることができます。